四カカ布教委員会//NARUTOの最強イケメソ四代目火影と苦労性なはたけカカシを応援する委員会です♪
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/08/17 (Tue) 傷跡(3)

晩秋の夜道。
街灯も この辺りには ほとんどなく、月明かりを頼りに歩く。
虫たちの小さな鳴き声と、ひんやりとした風が、火照った身体に心地よかった。

幼いころから、先生と2人で 何度も通った道。
晴れ渡った空を見上げながら共に笑い、雨が降る日は身を寄せ合い、寒い夜には手をつないだ。
あの人が居て、この家があり…そして幸せがあった。
先生が里長でなかったら、オレ達には また別の未来があったのだろうか?





-傷跡-(3)





(今日の自分はどうかしている…)

何故か思い出すのは、先生のことばかりだ。
もちろん あの人を忘れたことなど ありはしないが、それでも日々の生活の中で そう何度も何度も姿を思い描くことはない。
もう何年も10月10日という日を過ごしてきたのに、今さら こんなにも胸がざわつくなんて…
オレは これ以上 余計なことを考えないよう、2度3度と首を左右に振る。

そこで漸く目的の場所に辿りつき、オレは一息つくと門をくぐった。
玄関を開け『ただいまー。』と主のいない家に呼び掛ける。
明かりを点け、畳張りの居間に足を踏み入れ、窓を開放した。
すると、透明な秋の夜風がスーッと入り込み、部屋を浄化する。
オレは この瞬間が好きだった。

先生が亡くなった後も、オレは時々こうして この家にやってきては、掃除をしたり、読書をしたり、気の向くままに過ごしている。
はじめのうちは、先生が遺した痕跡を少しでも感じたくて していた事だったが、今は違った目的もあった。
自分が "四代目火影の遺児である" と、ナルトがいずれ知るときに、オレはこの家の存在を知らせ、あの子に明け渡そうと思っているからだ。
それまでは、真実を知る者として、きちんと管理することが自分の責務だと思う。

今夜は ここに泊まろうと決めたので、一通り空気の入れ替えを終えると風呂に入った。
湯上りに そのまま台所へ行き、先生を弔うつもりで酒とつまみを用意する。
あの人がオレの目の前から去ったとき、まだ自分は酒も飲めないような年齢だった。
それを考えると、また少し胸がチリッと痛んだが、今はやり過ごすことにした。

自分達が寝室として使っていた部屋へ、2人分の酒を乗せた盆を運び、縁側に腰を下ろす。
そこには贅沢とは言えないが、四季を感じるには充分な美しい庭がある。
正面には、立派な枝葉を蓄えた1本の大きな木があり、それは先生のお気に入りだった。

オレが初めてこの家にあがらせてもらったのは、父が亡くなってから間もなくのことで、広すぎる家に たった1人で帰るオレの身を案じ、先生が声を掛けてくれたのだった。
『ん!今日から ここを、カカシの家と思ってね?』
屈託のない笑顔でそう言われ、オレは戸惑い、思わず反抗的な態度を取ってしまったが、本当はとても嬉しかったのを、昨日のことのように覚えている。
当然、任務も常に一緒なので、次第に自宅へ帰る日よりも、この家へ先生と2人で帰る日が増えていった。

オレ達は、ごく自然に惹かれ合い、想いを通わせ、肌を重ねた。
オレにとっては何もかもが初めての経験であり、感情だったが、"喜怒哀楽"全てをぶつけても安心できる…それは、相手が先生だったからだ。
あの別れの日は とても辛かったが、先生と2人だから乗り越えられたのだと、今はそう思える。

その大きな木は、そういったオレと先生の年月を、一部始終見ていた。

木を見遣りながら盃を傾ける。
そして『先生、たまには夢にでも出てきてくださいよ…』諦め混じりの ため息と共に そう呟いた。
その刹那、草木が一斉にざわめき、眩い光が庭を覆う。
何事か?と面食らっていると、一瞬にして辺りに また静寂が戻った。

『え?一体なんなのよ?今のは…?』
突然の事に驚きはしたが、特に殺気も感じないので、一応その場に留まる。
自分の目が、再び暗闇に慣れた時、変わらず木の方に視線を向けると…
『!!!!!』
今度こそ信じられないものを目の当たりにし、言葉が発せられない。

『ん!カカシ、久しぶり!』
大木の下に佇み、笑顔でそう呼び掛けてきた人物は、紛れもなく この家の主、波風ミナトその人だった…。

『せ、せんせ…い!?』





(4)へ続く…



(2009.11.23 新)



━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

※(3)は少し短い気がするので…続きは近日中にあげる予定です☆

お話(四代目x大人カカシ)※捏造 |


| TOP |

【プロフィール】

新と椋

Author:新と椋
四カカ布教委員会は、
書き物担当「新-しん-」と
描き物担当「椋-むく-」の
二人構成です。

【四カカ布教委員会】

四カカってマイナーなの?わたしたちの間ではメジャーでした(笑)でも世間ではどうもまだまだみたい…もっとこの2人を応援したい!そんな想いから発足しました。
四代目が好きなだけでもカカシが好きなだけでも、もちろん両方好きでも構いません。そっと貴方のおそばにぺたっとしてくれると嬉しいです☆
四カカ布教委員会バナー1 四カカ布教委員会バナー2 どちらでもお好きなバナーをお持ち帰りくださいませ。
リンクURLはhttp://4kklove.blog134.fc2.com/でお願いいたします。

掲載しているバナー以外のイラスト、文章のすべてを 無断で二次利用・転載・複製等の利用をお断り致します。

【カテゴリ】

【最新記事】

【月別アーカイブ】

【お世話になります☆】

▼一楽 管理人:かなた様。イラスト・小説・コミック等BL要素あり☆芸コン・兄弟愛にあふれています。コミックがかわいくてさりげなくて好き♪ ichiraku ▼あなたtoわたし 管理人:あおりうり様。小説、イラスト等BL要素あり☆色気のあるキャラ絵に思わず見惚れてしまいますw あなたtoわたし ▼空言ハンマー 管理人:春唯かぎく様。主に小説のサイト様です。色々なお題に沿ってのお話が、シリアスだったり、ぷっと笑えたり色んな四カカを味わえます!
▼InMotion
管理人:秀佳様。NARUTOだけにとどまらずWJ系多数アリ!展示作品の勢いと遊び心にきっと貴方もノックダウンされるはず! ichiraku ▼SILVER TEARS 管理人:あっきぃ様。NARUTO&FFXⅡ主に小説のサイト様です。素敵なMy設定の四カカが拝めます☆四様のカカシ病にはまいったね! ichiraku ▼sf(スフォルツァンド) 管理人:樹木 ケイ様。四カカメインのテキストサイト様。感情や状況の表現がとても自然で豊で読みやすいです! ichiraku ▼サーチサイト様 narusearch 4tan love-k love-k

【お手紙】

ご意見・ご感想などありましたらお気軽にどうぞ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

【RSSリンクの表示】

【QRコード】

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。